« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月23日 (日)

斎藤別当実盛公敬仰会・文化講演会「斎藤別当実盛と妻沼地域の句碑・俳諧文化」

 
9月9日(日)、熊谷市妻沼中央公民館2階大会議室にて、平安時代末期の武将、斎藤別当実盛の顕彰団体である斎藤別当実盛公敬仰会による文化講演会が開催されました。講演会では「斎藤別当実盛と妻沼地域の句碑・俳諧文化」をテーマに、斎藤別当実盛の死に触発され江戸時代の俳人・松尾芭蕉が詠んだ「むざんやな甲の下のきりぎりす」と妻沼聖天山に建立された句碑などについてお話をしました。
 芭蕉は「奥の細道」の紀行中に、小松(石川県)の多太神社を訪れ、斎藤実盛の遺品の一つである兜を目にしました。幼い木曽義仲の命を救った実盛でしたが、年を経て平家方として義仲と戦わざるを得なくなる状況になります。白髪を染め若武者と見せ出陣するが討たれてしまいました。この伝説に思いを寄せて芭蕉はこの俳句を残しました。 「意に添わぬ戦いに出なければならなかった実盛は、なんといたわしいことだ。この兜の下のきりぎりす(今のこおろぎ)も、その悲しみを思い鳴いているようだ」という句意となります。当初は「あなむざん」という冒頭でしたが、『奥の細道』に編纂される際に同句のように「むざんやな」に変更されたと伝わります。
 その他、同会場では、妻沼八木節保存会による「斎藤別当実盛公」のほか、エプロンスィングによる文部省唱歌「斎藤実盛」、妻沼東・西中学校の生徒による詩舞「実盛慕情」の披露などがありました。講演会には約100名の来場がありました。

文化講演会の様子が、J:COMデイリーニュースでの放送と、埼玉新聞に掲載されました。

Image

Image_2


Image_3


2018年9月 9日 (日)

葛飾北斎 巡礼の旅 スタートアップイベント

台風により北斎が描いたような荒波が起きる中、葛飾北斎巡礼の旅2018スタートパーティーへ。熊谷の代表を担い。『知られざる北斎』の著者である神山典士さんを中心に、歌あり、講演あり、漫才あり、落語ありと北斎を浴びるイベントでした。私も熊谷と北斎、森田恒友について少しお話する機会を頂きました。そして、軽妙に楽しく司会をされた北斎学芸人の葛飾ふとめ・ぎょろめさんと。


Image_12

Image_13

Image_14

2018年9月 8日 (土)

熊谷句碑物語の旅


朝日新聞に引き続き埼玉新聞に「熊谷句碑物語」について結構大々的に掲載されました。兜太ファン、俳句愛好者からの反響大です。役所からではなく、在野で自由に研究する一個人として世に問うた意味もあったように思います。


Image_11

そして、次の美術館・博物館・文学館においても入手することができます。私選考による国内を代表するような錚々たるミュージアムに向けて句碑物語は新たな旅に出ました。

東京藝術大学大学美術館、宮内庁三の丸尚蔵館、根津美術館、大原美術館、永青文庫、三菱第一号美術館、金沢21世紀美術館、泉屋博古館、足立美術館、三井記念美術館、原美術館、山種美術館、朝倉彫塑館、静嘉堂文庫美術館、龍谷ミュージアム、ポーラ美術館、東京ステーションギャラリー、群馬県立近代美術館、埼玉県立近代美術館、渋谷区立松濤美術館、21_21 DESIGN SIGHT、セゾン現代美術館、MIHO MUSEUM、MOA美術館、太田市美術館・図書館、日本近代文学館、軽井沢高原文庫、鎌倉文学館、世田谷文学館、川内まごころ文学館、埼玉県立歴史と民俗の博物館、埼玉県立嵐山史跡の博物館、埼玉県立さきたま史跡の博物館、埼玉県立自然の博物館、埼玉県立文書館、さいたま文学館、熊谷市内図書館と文化施設ほか。


皆野、兜太、句碑物語。

皆野へ、兜太めぐりと句碑物語の報告。
唄と踊と花の寺。

Image_5


俳人・金子兜太が愛した吉見屋の鰻。父の伊昔紅たちが集い、秩父俳壇や文化運動の中心基地となった店。『熊谷句碑物語』を店主の塩谷容さんにお渡ししました。あわせて、新井武平商店のヤマブ皆野椋神社門前店でも配布しています。椋神社と店舗前にも兜太句碑があります。句碑リーフレットを作ろうと思った最初のきっかけは皆野にあります。

Image_6


皆野、吉見屋の離れ座敷。水原秋桜子とともに新たな俳句の可能性を探った兜太の父の金子伊昔紅、彼ら秩父俳壇の面々が集い、語り合い、文化運動の拠点となった。各所に伊昔紅、兜太、弟の千侍が揮毫した色紙や掛け軸が飾られている。普段は非公開であるが、今回特別に立ち入らせてもらった。兜太に師事し、金子俳句の語り部でもある店主・塩谷氏からの思いがけないおもてなしでありがたかった。

Image_7


皆野町文化会館にて「秩父音頭と金子伊昔紅、金子兜太親子展」が開催され、揮毫作品や著作資料などが展示されました。山下祐樹・金子兜太『熊谷ルネッサンス』と『熊谷句碑物語』も合わせて。


Image_10

奥原晴湖一門書画研究会を振り返る


4月に開催された奥原晴湖一門書画研究会について、龍淵寺だよりに掲載されました。今振り返り、本当貴重な機会だったと感じています。私が担当した講演会については、「研究熱心な話にひき込まれ、晴湖ファンのみならず参加者170余名の方達と時の経つのも忘れて聞き入りました」と記されており、大変恐縮です。主催者の皆さんが準備をされているように、晴湖をコンテンツとした、ラグビーワールドカップに向けての更にはそれ以降の機運を高めていけたらと考えています。


Image_4


熊谷空襲関連の再考

8月15日未明に何があったか。
東京新聞、「最後の空襲の地」を歩く。
熊谷と小田原との比較。

Image


Image_2


加えて、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で、「Yahoo! が戦争を伝える」が放映された。NHKで「東日本大震災証言プロジェクト」や戦争ドキュメント制作の責任者などを務めた宮本 聖二さんをプロジェクトリーダーとして進められているデジタルアーカイブ『未来に残す 戦争の記憶』。私もちょっとWBSデビュー。


Image_3


« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ