« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月26日 (木)

熊谷の俳諧、金子兜太研究会の掲載


埼玉新聞に先日開催された熊谷の俳諧、金子兜太研究会について掲載されました。

Image

2018年7月24日 (火)

熊谷うちわ祭生中継 2018


今回で4回目となるうちわ祭解説。最長不倒、5時間の生中継を乗り切りました。全身全霊でうちわ祭と向き合った感じがしました。祭礼は継続中ですが、お祭り関係者をはじめ生中継に関わった局の皆さん、お疲れ様でした。全国から生中継をご覧くださった皆さん、ありがとうございました。熊谷の文化や歴史、うちわ祭の魅力を発信できて幸いでした。


Image_12


Image_14


Image_15


Image_16


競演


熊谷うちわ祭。直実の競演。月。


Image_11


遠く銅色の

金子兜太研究会での献茶会。
「遠く銅色の湖先行の群れにいて 兜太」
熊谷に居を構えた頃の昭和40年代の揮毫。茶会には晩年に見られる力強い揮毫より、落ち着いた雰囲気のある色紙を選んだ。初夏、山中湖畔での作とされる。講演後の一服は実に沁み入る感じがした。


Image_9


Image_10


熊谷の俳諧、金子兜太研究会


星溪園での熊谷の俳諧、金子兜太研究会。追悼とともに、兜太俳句・文学の継承に向けての集まりとなりました。講演、俳人の天貝弘人氏との対談、お茶会。兜太色に。


Image_5

Image_6

Image_7

Image_8


「日光東照宮と歓喜院聖天堂-江戸時代装飾建築の美と系譜」


大東文化大学のオープンカレッジにて講義。テーマは「日光東照宮と歓喜院聖天堂-江戸時代装飾建築の美と系譜」。通常の講座より幾分か詳細な内容を織り込んで。


Image_4


《ヴァルトシュタイン》


出品作を振り返る。
緑と黄色の奥にある響き。第1楽章

朱麦会出品
山下祐樹《ヴァルトシュタイン》F100
YAMASHITA YUKI 《Waldstein》F100
Beethoven, Ludwig van:Sonate für Klavier Nr.21 C-Dur Op.53

https://m.youtube.com/watch?v=Z5GYuVyoLeM

Image


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »