« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月 7日 (金)

うちわ祭大学2017

うちわ祭大学での講義。御輿祭の歴史。江戸時代の絵馬や絵巻物を紐解き解説しました。うちわ祭モードが高まっています。7月22日、テレビの生中継番組では解説を担当します。奈良村出身ですが、熊谷宿の祭礼に想いを馳せて。


Image_9


Image_10


百鬼夜行とテンペスト


Image_3
室野睦未《百鬼夜行》

Image_4
山下祐樹《テンペスト》


室野睦未《百鬼夜行》と山下祐樹《テンペスト》を比較する。横と縦。曲線と直線。赤茶と緑青。龍鬼と髑髏、月と格子と十字架。集合と離散。内に向かうと外に向かう。ともに抽象的な世界の一部に具体的、現実的空間が置かれている。互いの基調色が表現されているが、ともに素地は黒であり、墨が使われている。油絵の具の使用は限られており、その他の色絵具が多用されている。飛沫が多用されているか、水彩絵の具を溶かさずに塗り付ける技法の差こそあれ、大胆な着色であることに変わりはない。この二つの絵画は空想的な側面に支配される中、主に使われている彩色の素材が油絵の具ではないハイブリッドの混合合成型の点は共通している。余談ながら、ともに実質上の制作期間が数日以内であり、一気呵成感が否めない。一見全く異なる絵画であり、世界観も異なるが、作者の内面性や思考がそれぞれの方法に基づいて描かれていることは通底している。次なる絵画の展開が予想できないことも同じなのかも知れない。私自身がそうであるように。


テンペスト

《テンペスト》の通称で知られるベートーヴェン「ピアノソナタ第17番 ニ短調 作品31-2」。第1楽章、第2楽章と抜け出したいが抜け出せない混沌とした抗いと、一部の諦観を繋ぎ合わせながら、暗みから光へと向かう第3楽章の著名な旋律へ。月の光が気高く目に映る。その瞬間に生じた印象を描いた。


Image_2

伝説の棋譜


Image

埼玉新聞、投稿欄。
本因坊戦の記憶。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ