« オリーブ畑でつかまえて | トップページ | ブラームス交響曲第1番と歓喜院聖天堂 »

2017年3月18日 (土)

大衆食堂の希望


歓喜院聖天堂で社寺建築の専門家に解説するという緊張感のある仕事を終えて、昼食に向かった先は我が奈良地区にある「たつみ食堂」。この店の若旦那は奈良保育園、奈良小学校、奈良中学校の同級生。親子で切り盛りしている店内は、大衆食堂という名そのままに内装も雰囲気も一昔前にタイムスリップさせてくれる。ストーブとやかんと猫。昼間からチューハイを飲み、麻婆丼を食べる人生の上がり感を放つ古老たち。私はラーメンを食べた。450円。同級生の母から「相変わらず食が細いね。がっつり食べなきゃだめだよ」と言われる。田舎にある小さな大衆食堂。この店を継いだ彼こそが地域の希望なのだと思う。彼が作ったラーメンの味は最高だった。


17200959_1274294572648648_620599166

17309481_1274294612648644_566943330

17353477_1274294662648639_838359151





















« オリーブ畑でつかまえて | トップページ | ブラームス交響曲第1番と歓喜院聖天堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1794582/69969626

この記事へのトラックバック一覧です: 大衆食堂の希望:

« オリーブ畑でつかまえて | トップページ | ブラームス交響曲第1番と歓喜院聖天堂 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ