« ワーグナー「タンホイザー」序曲 | トップページ | 同い年の類稀な才能 »

2016年11月19日 (土)

光へ歩けばいい。

 
モーツァルトが16歳の時に作曲したディヴェルティメントK.136 K.137 K.138と、モーツァルトが32歳の時に作曲した交響曲第39番 第40番 第41番。この双方の3作は特徴的な連作である。調性の並びと曲想も類似している。明るみから暗みへ、そして輝かしい光へと。そして、共に古代ローマの建築を彷彿とするような音の構築が感じられる。絵画でも絶えず連作を意識している。一つが始まれば次なるものへの関係性を予期する。その積み重なりに意義を見出す。楽章を紡いでいく。そんな絵画を描いていきたい。

14702458_1117468524997921_184086771

14591748_1117468538331253_408471913









« ワーグナー「タンホイザー」序曲 | トップページ | 同い年の類稀な才能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1794582/68485799

この記事へのトラックバック一覧です: 光へ歩けばいい。:

« ワーグナー「タンホイザー」序曲 | トップページ | 同い年の類稀な才能 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ