« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

クロイツェル


Cimg3742

新たな挑戦ですが、今までで一番険しい道程かも知れません。
音から知る絵。絵から知る絵。
クロイツェル・ソナタの想像の中、
あるいはデッサンとして用いることでしょう。
春は近付いています。そう。あの春。



2013年2月24日 (日)

青のために赤を、白を。

Cimg4143

展覧会も終わり、また新たな青を求める旅が始まります。
青のためには、深みを加えてくれる赤を、
際立たせるための白を、探究する必要があります。
青の時代はこれからも続きます。



2013年2月18日 (月)

「静かな呼吸」と「未来の声」

Cimg4142


東京都美術館、エル・グレコ展のちょうど反対側の一等地にて、2月21日まで一期会春季展を開催しています。「静かな呼吸」と「未来の声」『冷静と情熱のあいだ』との間テクスト性。




2013年2月13日 (水)

小堀遠州顕彰会 公開討論会



財団法人小堀遠州顕彰会からのご案内です。




第26回公開討論会
遠州と宗旦の茶の湯

第26回公開討論会は、平成25年3月24日(日)に開催致します。小堀遠州(1579~1647)、千宗旦(1578~1658)同じ時代に茶人として生きた二人について、その茶の湯のあり方を講師の先生方に検証していただきます。

講 師


池内克哉氏(池内美術主人)

林屋晴三氏(東京国立博物館名誉館員)

熊倉功夫氏(静岡文化芸術大学学長)

小堀宗実氏(遠州茶道宗家十三世家元)

詳しくは、小堀遠州顕彰会サイトをご参照ください。



2013年2月10日 (日)

希望に登る




Cimg3955


Cimg3958

築地、東京タワー、浅草、東京スカイツリー、柴又の旅行。
東京タワーは小学生以来の登頂。
その時は、エレベーターが故障していて階段で登った。
今回も、そんな記憶を思い出すように、あえて階段で600段。
ダッシュして登り切った。そこにある25年間の時間。
東京タワーはどのような世界を見降ろし続けたのだろうかと思った。




Cimg4006


Cimg4097

東京スカイツリー天望回廊。
太陽が世界を照らしていて、
存在の全てがそれに呼応していた。
僕はこの素晴らしい世界で生きていることを感じた。
感動して、涙が出た。
この涙が光となり、
僕を今より前へと進めさせてくれることを祈る。




2013年2月 5日 (火)

共同体のトポスとの関わり

Cimg0959

 本年度が最終年度となりますが、京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」の拠点メンバーとなりました。COE終了後の今後の展開について、文化遺産と公共圏の関連を中心に、考察を続けていきたいと思います。

2013年2月 3日 (日)

コーダ

Cimg3735

Cimg3840

Cimg3843

フォルムの変奏は無事コーダを迎えました。
多くの皆様にお越し頂きました。感謝申し上げます。
また新たな旅が始まります。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ