2019年6月 8日 (土)

群馬テレビ「ぐんま!トリビア図鑑」


群馬テレビ「ぐんま!トリビア図鑑」に解説者として出演予定です。テーマは「飛び地」。群馬県と埼玉県の県境ともいえる利根川ですが、その北側にある埼玉県と南側にある群馬県の地域にフォーカスします。その一つとして熊谷市妻沼小島が取り上げられます。青春ドラマではなく、地元雑学系番組。リポーターは堀井七絵さん。ほぼ群馬県の熊谷としては、群馬テレビや上毛新聞に取り上げられることは、一種のステータスのようにも感じます。

放送:2019年6月11日火曜日 21:00~21:15(再放送:6月15日土曜日 10:30~10:45、6月17日月曜日 12:30~12:45)予定


23ea601fe978450b93e05978936dd57f7d8c8f9d219847b0ab7595fccc09d1c5C343fcb73ce04b29b5531562b1ffb300





日本酒「二上 晴湖」完成


Af3b3622eab44345bb59f7f7729d1d0aE46a4ab6397f406fb82dc94d4dcee0eb

この度、日本酒「二上 晴湖」が完成しました。熊谷市上川上(愛称、二上)に画室を構えた南画家の奥原晴湖。ラグビーワールドカップ2019の開催地、熊谷ラグビー場のある上川上地区と晴湖を世界に発信するための試み。地元の晴湖の道保存会による企画と権田酒造による製造。そして、僭越ながら私がラベルデザインを担当しました。題字は晴湖の揮毫、双幅の掛軸画を組み合わせました。題字に相応しい自筆名を探すのに苦労しつつ、絵の選択に想いを込めて。晴湖の美を受け継ぐ記念すべき瓶ラベル。それに手にすることができて、喜びもひとしおです。





彬子女王『日本美のこころ 最後の職人ものがたり』書評 (埼玉新聞)


E42f16b5195d4a4d8feb9d17aa7871c9

埼玉新聞に彬子女王『日本美のこころ 最後の職人ものがたり』の書評が掲載されました。伝統技術が継承される現場を彬子女王が自ら訪れて記された内容で、雑誌『和樂』での連載を抜粋集成した著作。私自身、彬子女王の取り組みに強く共鳴し今回の書評執筆となりました。ご参照いただけましたら幸いです。



熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝・講演会

21e4e9ff44924db0a392bd7de0c383b3C000efa714e1446b92ea29213405d08403aff018331442a49aad4cd5c37234fcC78bbf6b02a547d3923c1b7560ffd1a1

熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝。広田勝一主教が引用された旧約聖書の詩編「主の庭で過ごす喜び」の一節「あなたの庭で過ごす一日は、千日にまさる恵みです」。百年を感じるために与えられた一日という時間。今ここに生き、この節目に存在する。記憶に残る一日となった。喜びと感謝を。



長島記念館フォーラムの掲載(埼北よみうり)


「埼北よみうり」に長島記念館・邸宅フォーラムについて掲載されました。対談の様子や今後の展望なども含まれています。同紙らしく長島恭助氏が巨人ファンであることも併記。


887e06b2a4a3467e8f0611ecadb01392



長島記念館フォーラムの先へ


Fd0c6cba853641cdbf700dbd1d544e8e


長島記念館フォーラム

無伴奏であること。自分の力で一人で挑むこと。

その周りには助けてくれる多くの人々がいる。

調査報告と無伴奏との融合。建造物と弦楽の調和。

後藤先生との仕事はいつも良い着地を見るような気がしています。J・S・バッハ《無伴奏チェロ組曲第1番ト長調》ヴィオラ版。とても素晴らしい演奏でした。主屋土間での響きも良かったです。何となくソリストと指揮者風。



熊谷青年会議所「熊谷ひみつ新聞」謎の人物


熊谷青年会議所「熊谷ひみつ新聞」に、謎の人物として登場しています。熊谷の全小学生に配布。なんか嬉しい掲載だったなあ。ありがとうございます。

F318df52dcc14df48de7eb420f784661




長島記念館フォーラム


Fd3a8a2002f04fe9a278ae6e929bc357

熊谷の新たな文化財。埼玉新聞に掲載されました。

5月18日、長島記念館でフォーラムを開催。

タイミング良く、渋沢栄一とも関連付けて。

山下 祐樹「調査報告会  長島記念館の景観と文化史」

後藤 典子「バッハ無伴奏チェロ組曲  ヴィオラ版」


妻沼聖天山御本尊御開扉記念フォーラムの続編

Naozane Kumagayaの5月号に妻沼聖天山御本尊御開扉記念フォーラムの様子が掲載されています。御開扉に便乗して、文化財に関連した多様な事柄を情報発信したこともあり、有り難く、絵馬展や歴史探訪ツアーを含めて様々な媒体で取り上げていただきました。David Mark Atkinsonさんたちと、勝手ながら2回目、3回目の打ち上げをしているような気分です。

874ecd765b4a49f68d103f0358e4fb6b





埼玉新聞に妻沼史跡探訪ツアー


埼玉新聞、妻沼史跡探訪ツアー。

記事内容を再構成。

タウン記者の細井典子さんによる。

9384e725469f42ae88bd2382840b9282





«熊谷学ラボラトリー 埼玉県生物多様性保全活動団体登録

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ