コンタクト

メールアドレス:
誕生日: 1982年 11月 21日

自己紹介文

明治大学政治経済学部卒業、明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程修了(社会思想史・哲学)、独立行政法人国立文化財機構・東京文化財研究所を経て、熊谷市教育委員会社会教育課文化財保護係(熊谷市立江南文化財センター)。京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」拠点メンバー。

ロンドン大学コートールド美術研究所、ミュンヘン・ノイエピナコテーク、ピナコテークデアモデルネ、フランクフルト大学社会研究所、プラハ国立美術館ヴェレツジニー宮殿およびカレル大学、コペンハーゲン・ヒアシスプルング・コレクションでのワークショップセミナー、セッション参加。文化遺産国際協力コンソーシアム会員。東京藝術大学美学・芸術史研究会会員。

著作:『市民社会のロゴス 共同体のトポス―市民社会論・共同体論をめぐるレチタティーヴォ的考察』一粒書房(2010年)、『ミネルヴァの記憶 プロセルピナの薔薇―芸術・空間をめぐる哲学的思考とフランクフルト学派の囁き』一粒書房(2011年)、『悲愴なる青 憂鬱なるオルフェ』一粒書房(2012年)、『意志と表象としての世界にラピスラズリの光を与えよ』一粒書房(2013年)。『ゴルトベルク変奏曲から始まるカイエあるいは神秘の防壁を目指す巡礼の旅』一粒書房(2014年)他。

絵画関連:朱麦会会員。熊谷市美術展、勤労者文化展、朱麦会展、一期展などに出品。埼玉県知事賞、熊谷市教育長賞他を受賞。作品展「アパッショナータ・ソナタ」(2009年)、絵画展「青のユーゲントシュティール」(2011年)、二人展「フォルムの変奏」(2013年)、作品展「ダナエ」(2013年)、絵画展「パラス・アテナと青の分離派」(2014年)を開催。


Meiji University. Meiji University graduate school doctor's first half course(2007).
Tokyo National Research Institute for Cultural Properties(2007).
Kumagaya Municipal-Board-of-Education social education division preservation-of-cultural-properties section (Kumagaya municipal Konan Cultural-Properities Center) .

University of London Courtauld fine-arts research institute (2009).
Munich university (2009).
Frankfurt university social research institute (2010).
Prague National Gallery (2011).
Copenhagen National Gallery (2011)

Writing activity: "Logos of civil society. Topos of communities. The recitative consideration involving a civil society theory and a community theory" (2010),
"Minerva's memory. Proserpina's rose. The philosophical thinking involving art and space, and whispers of Frankfurt school" (2011).

Pictures: The Kumagaya fine-arts exhibition, a worker culture exhibition, etc.
The Saitama governor prize, the Kumagaya superintendent-of-education prize, etc.
Work exhibition "Apassionata sonata" (2009).
Work exhibition "Blau Jugendstile" (2011).
Work exhibition "The Variation of forms" (2013)
Work exhibition "Danae" (2013)
Work exhibition "Pallas Athena and blue separatists" (2014)